HOME 会社案内 匠和技建の原点 施工事例 匠和技建の家創り お問合せ

匠和技建の原点


1989年、大型木造建築の清和文楽館(延べ面積720坪)を建てるという機会にめぐまれました。
ひとつひとつの部材も大きく殆どが規格外で、木材の総材積は約380m3で30坪の住宅の約22棟分に相当します。
舞台棟、客席棟、展示棟、物産館があります。
舞台棟は珍しい鋏合掌梁組
客席棟は大梁の格組 (騎馬戦組み手)
展示棟はバット組工法(追廻し梁組)
物産館は曲がり屋で舞台棟と違う合掌組(片持ち出し合掌梁)
各棟それぞれに特徴があり、全て大工の手作業で切り込み、伝統的な技術が随所に生かされています。
この清和文楽館は、木にこだわり、伝統の技術と伝統の構造(小屋組)にこだわる木造建築のよさを改めて教えてくれました。そこに(有)匠和技建の住宅建築に対する原点があります
展示棟の小屋組です。 従来の合掌梁とは違った新しい仕口による合掌梁は、大きな間取りに有効です。
展示棟の小屋組です。 従来の合掌梁とは違った新しい仕口による合掌梁は、大きな間取りに有効です。
曲り屋の軒先、小屋組に苦心のあとが見えます。 清和文楽館
曲り屋の軒先、小屋組に苦心のあとが見えます。  
有限会社匠和技建 〒860-0831 熊本県熊本市八王寺町2-20 TEL:096-379-5558/FAX:096-379-5559
copyright(C)2008 SHOUWAGIKEN Co.,Ltd. All Rights Reserved.